MENU

妊娠線ケアが重要な理由とは?

待望の赤ちゃんを授かり、無事出産を迎えたお母さんの勲章でもある妊娠線ですが、くっきりと痕が残ってしまって悩んでいる女性は多いです。
そもそも何故身体に線ができるのかというと、妊娠すると赤ちゃんの成長とともにお腹が大きくなっていきます。
表面にある表皮は弾力性があるので伸びやすいのですが、皮膚の中にある真皮や皮下組織は弾力性がないため、お腹の急な成長に対応しきれません。
そのため、真皮や皮下組織がこれ以上伸びないというところまで引っ張られ、亀裂が入ってしまうのです。
妊娠線は早い日とだと妊娠4ヶ月目から出始め、一度できてしまうと産前のような肌に戻ることは難しいといわれています。
そこで早いうちからのケアが必要になってくるのです。
今は妊娠線消すための妊娠線クリームが販売されています。
色々な種類のクリームが販売されているので、自分に合ったものを探してみてはいかがでしょうか。
クリームは、つわりが落ち着いてお腹が大きくなり始める前の4ヶ月あたりから使うと良いでしょう。
また、できてしまったものに対して完全に消すことは難しくても、ある程度妊娠線を薄くすることができます。
気づいた際にはすぐにマッサージケアをすることが重要です。

 

諦めないで妊娠線を薄くする

子どもを授かった喜びというのは、ひとえに声もできないほど嬉しいことでしょう。
出産は大変ですが、家庭にも喜びの変化をもたらしてくれます。
ただ、それと同時に体にも変化があるのは否めません。
それが妊娠線です。
妊娠線があると、いくら見えない部分とはいえ気になる方は多いです。
ショックを受けた方も多いでしょう。
しかし、早期に対応すれば妊娠線を薄くすることはできます。
それが妊娠線クリームです。
既に妊娠線ができてしまっている人でも、妊娠線消すのが全くできないとしても妊娠線を薄くすることはできます。
なので、絶対に諦めないでください。
薄くするにも、普通であれば5.6年はかかってしまうものです。
しかし、妊娠線クリームを塗ることで早期に改善をすることができます。
またクリームを塗ることで予防もできますから、早めに塗ることが大事です。
ただ皮膚に合うかどうかが大切なので、安いものを選ぶのではなく成分を見てください。
また、現在は産婦人科でも妊娠線クリームの対応もしていますので、医師に相談のもと行うと良いです。
クリームは肌に優しく、そして潤いも与えてくれるものでもあるので、上手に使って出産の喜びと妊娠線のない肌にしましょう。

 

妊娠線ケアが重要な理由とは?記事一覧

ストレッチマークは、肉割れや妊娠線とも呼ばれており、体重が急激に増えた時や妊娠した時、成長期などに見られます。皮膚の表皮の部分は伸縮性がありますが、真皮はあまり伸びないという性質があります。体重が増えたり、妊娠してお腹が大きくなってくると、皮膚の深い部分の真皮のコラーゲン繊維が裂けてしまい、白い亀裂が入ってしまいます。ストレッチマークは女性だけでなく、太った男性にもよく見られます。ストレッチマーク...