知らないと損をする妊娠線の原因とは?

MENU

知らないと損をする妊娠線の原因とは?

妊娠してから7〜8週目頃に差しかかった時期に起こりやすいのが妊娠線です。
へそ周りを中心に赤紫色や茶色の線が無数に現れ、見た目にも痛々しい印象を与えます。
人によってはバストやお尻周りにも現れるため、女性にとっては厄介で悩みの種でもあります。
では、どうしてこの様な状態が起こるのでしょうか。
妊娠するとどんどんお腹が大きくなります。
それにつれて皮膚が急激に伸びてしまい、真皮の細胞は耐え切れずに断裂してしまいます。
この断裂が跡となって残るのです。
これが妊娠線の原因です。
もちろん個人差はあるので、妊娠線出来やすい人もいれば出来にくい人もいます。
妊娠線を薄くする方法には、まずは体重のコントロールが必要不可欠です。
急激なサイズアップをしないためにも、食事の食べる量を意識しましょう。
平均体重を超えている方は、まずはカロリー計算からはじめてみるのがおすすめです。
他にも、ボディークリームなどでたっぷりと保湿してあげることも効果的です。
お肌の水分量をキープしてあげることが出来ます。
肌にたっぷりと水分を含ませてあげることでハリが生まれ、断裂しにくくなります。
また、好みの香りを選ぶことでストレス軽減にも繋がりますので、妊婦さんにはおすすめです。